コンデンスリッチ豊胸の施術を受けました

コンデンスリッチは高い定着率が期待でき拒絶反応のリスクがない

社会人になってコンデンスリッチという豊胸手術を検討コンデンスリッチは高い定着率が期待でき拒絶反応のリスクがない専門医のいるクリニックで施術を受け理想のバストに

従来の方法と比べると、高い定着率が期待でき、感染などのリスクの低減も嬉しいポイントでした。
豊胸手術を受けることによってしこりができるという記事を読んだことがあるのですが、これらのリスクも低減することができ、注射針で脂肪を注入することになるので、傷跡も残りにくく目立たないということです。
とはいえ反対にデメリットがあるのも事実であり、それは脂肪吸引も同時に行うことになるので、脂肪吸引における傷跡や皮膚の凸凹、体への負担などが発生することとわかりました。
自分の身体から脂肪抽出するので、痩せている場合には受けられないケースもあるようです。
私はダイエットをしなければならないと思っていたほどなので、同時に部分痩せができるのは魅力だなと思いました。

そして私が一番気になったのが痛みの問題でした。
私は昔からとても痛みに弱く、胸を大きくしたい反面、痛かったらどうしようという思いで踏み出せないこともありました。
施術中は局所麻酔はもちろんですが、静脈麻酔を使うこともあり、痛みをほとんど感じることなく施術が受けられると知りました。
施術後の痛みに関しては、バストの方よりも、脂肪を吸引した部分に痛みが強く出ると言われていました。
とはいえ筋肉痛のような痛みで、痛み止めを処方されるのでそれを頓服することによって我慢できる程度だということでした。